電話会社はどうするのか

景気が悪くなると税収は少なくなっていきます。日本はずっとデフレで企業も個人も儲かっていないので、国の税収は少ないです。そういう理由もあって、消費税を5パーセントから8パーセントへ、そして8パーセントから10パーセントへ上げようという話になったわけですが、8パーセントに上げた段階で景気が失速し、すぐに10パーセントに上げると更に悪くなってしまうということで上げるのは延期になりました。 そういうことから、政府は国民全員から税金を取る形の消費税の他に、多くの人に使われているけど税金はかからないというものに課税をして、税収を増やそうとしています。 たとえば最近言われているのはパチンコに対して課税をしようという話です。そして、もう一つ、話として出ているのが携帯電話に課税しようという話です。携帯電話は今では国民の大半が持つツールになっていて、課税をすればかなりの税収が期待出来ます。現在、自動車を所有していると税金がかかりますが、自動車に乗らない人が増えてきていて税収は減っているので、その代わりに携帯電話に課税すれば減った分を穴埋め出来るという考えもあると言われています。 では、こうした動きに対して電話会社はどう対応しているのかというと、今のところ、公式に発表しているコメントはありません。というのは、正式に決まっている話ではないからです。 ただ、国会議員の間で議論されている話ですし、将来、実施される可能性はないとは言えません。その場合、電話会社はどうするのかというと、電話会社が揃って反対したとしても国会で決まってしまえば課税は決定ということになるので、受け入れるしかありません。ただ、携帯電話離れが進む可能性はあります。たとえば、Wi-Fiなどを利用してネットに接続出来る端末を利用して音声チャットを利用する人が増えるということが考えられます。 そうなった場合、電話会社は一般的な携帯電話だけではなく、音声チャット機能が組み込まれたネット端末を作る可能性があります。

大手会社は情報を提供するのか

現代社会では、ほとんどの人々がスマートフォンやフューチャーフォンなどの携帯電話を所有して使っています。その為、国では、新しい税の対象として携帯電話を含めるか検討を・・・

続きは見出しかここから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Copyright (C) 2015 時代の変化か「携帯に税が」 All Rights Reserved.