噂話が現実になるのか

携帯電話に税金がかけられるという噂話があり、それがまことしやかに話されています。ある人は今まで消費税が非課税だったのか?と誤解することもありましたが、そうではなく携帯電話税という新たな税金が課されるということを意味しています。これはガソリンにかけられているガソリン税やタバコにかけられているたばこ税と同じく価格を上げ底にする法律であり、一律に高くなることが懸念される法律の形です。そのため多くの人がこの噂話に警戒していました。 しかしそんな噂話が現実になる様な報道があり、現実に政府が携帯電話税の導入を検討しているということが分かり大きな波紋を呼びました。税金というのは基本的には無い方が安くサービスを利用できますので良いのですが、何らかの事情で財源が必要という場合に限って課税を行うということがあります。その様なケースにおいては課税をする必要性と目的、そしてその利用について明確にしたうえで議論されることになります。この様な噂話が現実になった瞬間でした。 携帯電話は現在では国民一人に一台以上の普及を示すだけの量が販売されています。高齢者や子供を除けば全く利用していないと言う人の方が極めてまれな存在であると言えるでしょう。そこには極めて多くのビジネスチャンスが広がっており、現在のスマートフォンに限って言えば携帯パソコンとも言える多機能性を持っていますのでその応用の幅は相当に広いです。そのためGPSを利用した安全管理や医療機器との接続を想定した健康管理など様々な応用の幅を備えていると言えます。 このような技術的な進歩は国民全員の利益となりますが、今回検討している様な課税がこの様な恩恵を受ける機会を制限する方向で機能しては意味がありません。しかし、それでも実行するというのであればその様な課税をしなければいけない理由を広く国民に説明する義務が政府にはあると言えるでしょう。課税は費用負担になりますので普及の障害になるのは明らかです。

ニュースなどの情報はチェックする

最近では携帯電話などの使用にも、税金を取ろうという動きが出てきています。このような税金に対して仕方のないと思う人もいることでしょうし、また断固として反対だと・・・

続きは見出しかここから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Copyright (C) 2015 時代の変化か「携帯に税が」 All Rights Reserved.